00:38 2020年10月21日
米国
短縮 URL
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (89)
174
でフォローする

米カンザス州ウィチタ州立大学はイヴァンカ・トランプ大統領補佐官のビデオ講演会を卒業生向けに予定していたが、抗議の電話が殺到したことからイベントをキャンセルした。CNNテレビが大学運営側の証言をもとに報じた。

トランプ大統領は5日、雇用統計が改善に向かっていると発表する際、警官による暴行で死亡したジョージ・フロイドさんもあの世で「今日は素晴らしい日だと言っている」と発言したことに対して全米で批判が強まっている。

この事態を受けて、カンザス州のウィチタ州立大学は予定していたイヴァンカ・トランプ大統領補佐官のビデオ講演会をキャンセルとした。

大学側はプレスリリースで、「この決定はジョージ・フロイド氏の死によって引き起こされた、社会的不公平という問題に対する大学側の答え」と記し、キャンセルとなった経緯を説明した。CNNテレビによれば、大学側にはこの講演会について、数多くの抗議電話が殺到した模様。

講演会はキャンセルとなったものの、イヴァンカ・トランプ補佐官はツイッターに動画を投稿し、卒業生らに対して祝辞を送った。祝辞に添えたメッセージで、イヴァンカ・トランプ補佐官は「キャンセルのカルチャーと考え方で人を差別するのはアカデミズムの価値観に反するのではないか」と記し、大学側の対応を批判した。

​今、米国をはじめとする全世界で人種差別に対する抗議行動が広まっている。その出発点となったのはアフリカ系米国人のジョージ・フロイドさんの死だ。

フロイドさんはミネアポリスで白人警察官に拘束され、膝で首を絞めつけられて死亡した。フロイドさんは何度も息ができないと訴えていたにもかかわらず、聞き入れられなかった。

フロイドさんを拘束した現場にいた警察官らは全員が解雇。1人は殺人罪で、残る3人も殺人幇助の罪で訴追がきまった。

関連ニュース

トピック
全米で抗議デモ ミネアポリスの黒人男性死亡事件 (89)
タグ
米国, イバンカ・トランプ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント