16:17 2020年10月22日
米国
短縮 URL
0 43
でフォローする

元米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)のジョン・ボルトン氏は23日、同ポストの仕事に関する著書を出版する。なお、ホワイトハウスから承認は得ていないという。ワシントン・ポストが情報筋を引用して報じた。

ボルトン氏の回想録『The Room Where It Happened: A White House Memoir(それが起こったその部屋:ホワイトハウス・メモアール)』は3月に出版予定だったが、出版社サイモン&シュスターは5月12日に延期すると発表、その後も発売されていない。

ワシントン・ポストによると、ホワイトハウスの承認は今も得られていないが、いずれにせよボルトン氏は6月23日に出版する意向

また同氏は、回想録を宣伝するために複数のテレビ局とのインタビューを予定し、出版直前の週末には、同じく宣伝のために「プレスツアー」を実施するという。

先に、ホワイトハウスの情報セキュリティー管理の責任者、エレン・ナイト氏がボルトン氏の弁護士に書簡を送り、ボルトン氏が出版を予定する著書には「かなりの量の機密情報」が含まれていることを指摘したと報じられた。

ボルトン氏自身は、回想録から問題の箇所はすでに削除されたと考えているという。

トランプ米大統領は以前、同氏が「裏切り者」と考えるボルトン氏の著書を出版させない意向を表していた。

ボルトン氏は2018年4月から2019年9月まで米大統領補佐官(国家安全保障問題担当)を務めた。592ページからなる『The Room Where It Happened: A White House Memoir』には、ウクライナ、ベネズエラ、北朝鮮、イランを含む一連の国際問題に関するトランプ大統領の意思決定プロセスが書かれているとみられる。

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント