21:04 2020年11月26日
米国
短縮 URL
0 12
でフォローする

2020年の米国大統領選挙への立候補を表明したラッパーのカニエ・ウェスト氏(43)は、友人で有名なラッパーのジェイ・Zさん(50)に次期副大統領候補に推したことを明らかにした。TMZが報じている。

ウェストさんはブロガーのクリス・ケイリンさんからの取材に対し、ジェイ・Zさんは自分にとっては「兄貴」分であり、生涯「共にしている」と語った。

TMZの報道によれば、ウェストさんは当初、副大統領候補にワイオミング州出身の聖職者ミッシェル・ティブドル氏を推していた。ところが、この副大統領候補指名には妻キム・カーダシアンさんの継父であるケイトリン・ジェンナー氏(旧名ブルース・ジェンナー、ケンダル、 カイリー・ジェンナー姉妹の父親で、後日性転換し女性となった) が断固として反対した

現在、ウェストさんには2人の顧問がおり、1人は妻のキム・カーダシアンさんと、実業家のイーロン・マスク氏。マスク氏にウェストさんは宇宙プログラムのトップになるよう提案した。

19日、ウェストさんは選挙キャンペーンの枠内で初の支持者集会を行っている。


7月初旬、カニエ・ウェストさんは米大統領選挙に出馬する意向を表明

ウェストさんがかつて支持していた現職のドナルド・トランプ氏は、ウェストさんの大統領選出馬に好意的な姿勢を見せている。

7月15日、ウェストさん陣営は出馬に必要な書類を提出し、連邦選挙委員会はこれを受理した。自身が創設した「バースデー・パーティー党」から立候補する。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント