16:57 2020年08月11日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

米国のドナルド・トランプ大統領はハリケーン「ハンナ」の直撃を受けた米テキサス州に緊急事態宣言を発出した。26日にホワイトハウスが発表したプレスリリースで明らかになった。

米国では25日、非常に強い勢力のハリケーン「ハンナ」がテキサス州を直撃し、およそ30万戸が停電した。

​トランプ大統領が緊急事態宣言を発出したことでハリケーンの被害対応に向けて連邦政府の予算を拠出することが可能となった。

​連邦予算は連邦危機管理庁(FEMA)から拠出され、被災した州が必要とする追加予算のうち75パーセントまでカバーすることが可能となっている。

米国では先にハリケーン「ダグラス」の直撃により、ハワイでも非常事態宣言が発令されていた。

関連ニュース

タグ
災害, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント