07:12 2020年09月20日
米国
短縮 URL
米国でのTikTok禁止 (32)
0 56
でフォローする

米国のドナルド・トランプ大統領は9月15日までにアプリTikTokの売却を要求した。同大統領がホワイトハウスで記者らに明らかにした。

トランプ大統領は、このアプリをマイクロソフト社または他社が買収しない場合、9月15日にTikTokは「ビジネスから撤退」することになると述べた。

同大統領は、マイクロソフト社とこの問題で検討を行い、ByteDance(バイトダンス)が現在所有するTikTokの一部でなく企業全体を買収することを要請したと強調した。

以前、マイクロソフト社は、9月15日までにTikTokの買収に関する交渉を終了する予定であると発表していた。

米国でのテックトック禁止の動き

テックトックは、中国のバイトダンスが運営する短編動画投稿・視聴アプリ。マイク・ポンペオ米国務長官は7月上旬、米国で同アプリの使用を禁止する可能性があると発表し、米国民は「個人情報が中国共産党員の手に渡らないように」テックトックを慎重に使うべきだと述べていた。

トランプ氏
© REUTERS / Jonathan Ernst
その後の7月31日、トランプ大統領も米国での同アプリの使用を禁止する意向を表明。さらにニューヨーク・タイムズは同日、マイクロソフトがテックトックの株式購入に興味を示していると報じた。

しかし、ウォール・ストリート・ジャーナルは2日、トランプ大統領が両社の合意に反対を表明したため、買収交渉は中断されたと伝えていた。

トピック
米国でのTikTok禁止 (32)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント