07:29 2020年09月20日
米国
短縮 URL
0 116
でフォローする

米マイクロソフトの創業者ビル・ゲイツ氏は、新型コロナウイルスのパンデミックに関連したデマがSNSで広まり、「クレイジーな考え」にゲイツ氏の名前が挙がっていることに懸念を表明した。ゲイツ氏が15日、ドイツ紙「ビルト」のインタビューで語った。

陰謀論の支持者がネット上で拡散しているデマとは、新型コロナウイルスはそのワクチンを利用して人々にマイクロチップを埋め込むために計画されたものであり、その背後にはゲイツ氏がいるというもの。

ゲイツ氏は「このようなおかしな考えが、真実よりも早くSNSで広まっている。こういった陰謀論に私の名前が出てくることに驚いている」と語った。

「私はパンデミックへの準備を以前から呼びかけていたのに、今になって私に責任があると言う人々がいるというのは、ある種の皮肉だと思う」

さらにゲイツ氏は「我々はパンデミックの真っ只中にあり、事実と真実を伝えることがこれまで以上に重要だ」と指摘している。

ゲイツ氏は8月11日、世界のいくつかの国々で新型コロナウイルスのパンデミックが終息する時期に関して自身の見解を語っている。

関連記事

タグ
ビル・ゲイツ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント