07:39 2020年09月20日
米国
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国で37年間投獄された男性が冤罪であることが立証された。ガーディアン紙が報じた。

ロベルタ・デュボワ氏は、1983年に起こった当時19歳のバーバラ・グラムスへの強姦と暴行、殺人の罪で有罪を言い渡された。同氏には死刑が宣告されたが、その後、無期懲役に減刑された。現在、判決は信憑性の低い証言にもとづくもので、被害者の左頬に残された咬み傷の分析結果に誤りがあったことが判明した。

再調査でデュボワ氏のDNAサンプルと事件データの比較が行なわれ、同氏が事件に関与していないことが立証された。その後、デュボワ氏はすべての罪が取り下げられ、釈放となった。

現在、デュボワ氏は冤罪で投獄された人たちのための特別センターに滞在しており、そこで彼にとって新しい世界に適応する準備を進めている。

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント