11:46 2020年10月20日
米国
短縮 URL
0 27
でフォローする

ロックフェラー兄弟財団は、米ニューヨーク市内の博物館や美術館に助成金150万ドル(約1億5800万円)を提供すると発表した。この資金は、「先住民族、女性、LGBTや黒人アーティストに可視性と機会を提供する」展覧会、プロジェクトやプログラムを支援することを目的している。

米アートニュースペーパーによると、同財団は女性や有色人種のアーティストの作品を展示する展覧会のほか、ワークショップの開催、イベントの立ち上げ、教育プログラムに助成金を提供する予定。


ロックフェラー家は、米国有数の実業家であり、数多くの政治家や銀行家を輩出する一家。世界で最も裕福な一族として知られている。ロックフェラー家が保有する莫大な財産は、19世紀後半から20世紀初期にかけて手がけた石油事業に起因する。同一族は、米国の歴史の中で最も影響力がある一家とは言えないものの、影響力のある一族の1つとされている。

関連記事

タグ
米国, 文化
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント