13:38 2020年10月30日
米国
短縮 URL
筆者 :
0 02
でフォローする

米航空会社「アメリカン航空」は規制当局の許可が得られれば年末にボーイング737MAXを運用機材に戻す予定だという。ブルームバーグが伝えている。

ボーイング737MAXの運航は2度の墜落事故を受け2019年3月に停止している。

ブルームバーグによると、同機の運航は当面マイアミ⁻ニューヨークの1路線に限られるという。12月29日から1月4日の期間、1日1便で運航される。航空券の予約は10月24日から開始され、乗客には機材が737MAXであることが予め知らされる。その後の運用延長については1月4日以降に決定されるという。

ボーイング737MAXの運航再開には当局の許可が必要であり、それに先駆け6月末にテスト飛行の許可が出された。米連邦航空局(FAA)はテスト飛行後の見解については発表していない。欧州航空安全機関(EASA)は737MAXの安全性を認めている。

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント