09:32 2020年11月25日
米国
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (170)
0 30
でフォローする

米国のサイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)は、2020年の大統領選で外国による干渉の証拠は見つかっていないと発表した。

CISAのクリストファー・クレブス長官は、「外国の敵対者が米国人の投票を妨害したり、何百万人もの米国人が投票した後に開票結果を変更したりすることができたという証拠はないという点が重要だ」と同庁のウェブサイトに掲載された声明で述べている。

さらにクレブス長官は、外国事業体が現在の投票数とその最終的な開票結果に影響を与えようとする試みが見つかれば、それを監視すると指摘している。


米国では3日、大統領選が行われた。この投票で米市民は大統領と副大統領、上院議員35人、全下院議員、知事13人を選出する。現職のドナルド・トランプ大統領(共和党候補)と、バラク・オバマ前大統領の前副大統領のジョー・バイデン氏(民主党大統領候補)が当選を目指し勝利を競い合っている。

関連記事

トピック
2020年米国大統領選挙 (170)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント