13:26 2020年11月24日
米国
短縮 URL
2020年米国大統領選挙 (168)
0 30
でフォローする

米司法省内では、今回の大統領選挙の違反捜査を担当する部署のトップが辞表を提出した。CNNテレビが司法省内の役人の電子メールを引用して報じた。

辞表を出したのはロバート・ピルジャー氏。ピルジャー氏は、ウィリアム・バー司法長官が各州の開票作業が終了する前にトランプ陣営が集計に違反があったと主張したことを受けて、これを捜査する指示を出した後、辞職の決意を固めた。バー司法長官の指示書には、選挙違反は信用問題であり、違反が確証されれば、いくつかの州の選挙の行方に影響しうると書かれている。

トランプ米大統領は、「違法な」票が集計に入れられ、共和党の監視員らに開票作業への立ち入りを許可されなかったとして、民主党がトランプ氏の勝利を「盗んだ」と主張しており、すでに数か所の州で裁判所に選挙違反を訴えている。

そうした一方でトランプ氏のライバルのバイデン陣営のほうも、米連邦政府一般調達庁(GSA)が選挙結果の公表を引き延ばしているとして、同庁を相手取って訴訟を起こすことも辞さないという姿勢を示している。9日、バイデン氏の取り巻きの一人が明らかにした。Axiosが報じた。

これまでのマスコミ報道では、バイデン候補は勝利宣言を行うために十分な数の選挙人の票を取り付けており、世界の指導者らも多くがバイデン氏にすでに祝辞を贈っている。

関連ニュース

トピック
2020年米国大統領選挙 (168)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント