09:34 2020年11月25日
米国
短縮 URL
0 10
でフォローする

動画投稿アプリのTikTokは、同アプリの米国における事業売却を命じるトランプ大統領令の期日が迫ったことを受けて、大統領令を執行させないよう、米国の控訴裁判所に申し立てを行った。TikTokが声明を表した。

10月、ウォールストリートジャーナル紙は、TikTok の使用を11月12日から禁止するという米商務省の決定をペンシルバニア州裁判所が一時凍結したと報じていた。これより前、米商務省は、TikTok が米国の安全保障を脅かす問題を解決できない場合は、11月12日から米国領内におけるTikTokの活動を禁止すると宣言していた。

TikTokの声明には、米国は親会社のByteDanceに対して米国にあるTikTok関連のあらゆる資本を売却またはスピンオフを命じたため、ByteDanceは米国の「脅威を除去」する目的で提案を行ったが、これに対する「しかるべき回答」は米国から得られなかったと記載されている。

「我々が常時新たな要請に直面し、我々の提案する解決法が受け入れられるか否かが不透明であることから、我々は30日間の延期を要請していた。11月12日という期日が近づいた今日、延期が認められなかった以上、我々には裁判所に訴え、我々の権利と1500人を超える米国でのスタッフを守る以外の方法はない。」TikTokの声明にはこう書かれている。

米行政府は、TikTokは米政権のデータを中国に漏洩している可能性があるとして、これを非難した。これについてトランプ大統領は8月、「TikTokの脅威対策」と「WeChatの脅威対策」に関する大統領令に署名し、これらのアプリを運営するByteDance社との米国の管轄領域における取引を90日以内に停止するよう指示した。

TikTokは先日パキスタンでも「モラルに反する内容」を理由に使用が禁じられた。

関連ニュース

タグ
TikTok
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント