07:12 2021年01月27日
米国
短縮 URL
0 110
でフォローする

デラウェア州検察は、米マスコミが大統領選で勝利したとするジョー・バイデン氏およびその次男の納税に関する捜査を行っている。ジョー・バイデン氏自身が声明で明らかにした。

バイデン氏は「この問題を私は非常にシリアスに受け止めており、専門的かつ客観的な捜査で私が合法的かつきちんとした方法で事に当たってきたことが証明されると確信している」と述べた。バイデン氏自身が捜査について知ったのは8日だったと語っている。

AP通信の消息筋からの情報によれば、検察はジョー・バイデン氏の次男ハンター・バイデン氏の中国人パートナーとの取引も含めた金融問題を調べている。

CNNの消息筋情報では、検察はバイデン氏とその陣営が主に中国を相手とする海外取引でマネーロンダリング法に違反しなかったかに関心を払っている。CNNによれば、米法務省が選挙の行方に影響を及ぼしかねない行為を禁じる要請を出したため、検察の捜査は過去数か月、一時停止状態にあった。

フォックス・ニュースの情報筋は、捜査は多人数の陪審員団が加わっており、部分的には外国との取引に関する疑わしい活動(SAR)についての報告書に基づいて行われている。またジョー・バイデン氏の父親のジョー・バイデン・シニア氏に対する捜査は行われていない。

タグ
米国, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント