07:45 2021年01月27日
米国
短縮 URL
0 21
でフォローする

人工知能(AI)が操縦をコントロールする米空軍の偵察機U-2ドラゴンレディが初の試験飛行を終えた。AIのアルゴリズムの管制はセンサーシステムとナビゲーションシステムが行った。米空軍が明らかにした。

試験飛行ではU-2自体はパイロットが操縦し、武器は使用されていない。にもかかわらず米国防総省の高官らは、AIの軍用機への導入の試みでは今回の試験飛行はターニングポイントとなると評しており、ワシントンポスト紙は、ウィル・ロッパー空軍参謀総長補佐官の「前例がないことだ」という発言を伝えている。

ジョシュ・ベネディティ公式報道官は、AIシステムはテスト環境で一切の手動操作を介入せず、AI自体に「思考とセルフスタディーを呼び起こさせる」ように特殊なプログラミングがされていると語っている。

これより前、ロシアの統一エンジン機器製造コーポレーション(ロステック傘下)のヴァレリー・テプロフ生産担当理事は、ロシアではAI技術は双発中短距離ジェット旅客機イルクートMS-21用のエンジンPD-14に導入されていると語っている。

タグ
アメリカ軍, 武器・兵器, 軍事
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント