14:35 2021年01月16日
米国
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国の政府機関が攻撃を受けた大規模なハッキングが世界中のさまざまな200超の団体を標的にした。19日、情報筋と専門家らの評価を引用した見解がブルームバーグに掲載された。

報道では、捜査担当者らは、ハッカーらが米国企業SolarWinds社のソフトウェアに侵入したと見込んでいる。こうしてハッカーらは同社の取引先1万8000件にアクセスを図った。

3人の情報筋によれば、調査の過程で、ハッカーらはさまざまな200超の組織のコンピューターシステムに不正アクセスを図ろうとしたということが判明した。それが主にどういったものであったかは明らかにされていない。これらの対象には企業や国家機関も含まれる。

米国のハッカー攻撃

16日に公表された合衆国国家情報長官および連邦捜査局(FBI)、サイバーセキュリティおよびインフラストラクチャセキュリティエージェンシー(CISA)といった機関の共同声明では、連邦政府のコンピューターネットワークへの重大な攻撃が確認されたと発表した。

マイク・ポンペオ国務長官は18日、米国ジャーナリストのマーク・レビン氏のインタビューに答え、ロシアが関与したケースについてコメントした。19日、現職のドナルド・トランプ大統領は、メディアが事件を過大に誇張したと表明した。同大統領は、サイバー攻撃を指揮するハッカー集団がモスクワにいるとする一連の報道の主張には賛同せず、その代わりに、これには中国が関与している可能性があるとの見方を示した。 

ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官は、こうしたコンピューターシステムへの攻撃にロシア政府が関与したとする非難を否定し、米国政府が「ロシアを根拠なく非難」するのを止めるよう訴えた。また、ロシアは米国の大統領選挙へ干渉したとする言いがかりを否定している

関連ニュース

コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント