20:04 2021年01月16日
米国
短縮 URL
0 05
でフォローする

米国ニュー・ジャージー州在住のニジル・パークス氏が顔認証システムの間違いから10日間留置所に拘束された。システムは、バージニア州のギフトショップに押し入った泥棒と男性を混同した。ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。

ウッドブリッジ市警は、犯行現場で黒人の犯人を拘束することができなかった。犯人は警察に偽の運転免許証を見せた後に逃げ出し、もう少しで警察官を車でひき殺すところだった。

警官らが顔認証システムを使用して運転免許証の写真を分析した。システムは、強盗事件当時に現場から約50km離れた所にいた無実のニジル・パーク氏を誤って指定してしまった。

パークス氏は一度も運転免許を取得したことがないにも関わらず、事件は法廷に持ち込まれた。無実のパーク氏は、弁護士の援助を受け、この事件に関与していないという事実を自ら主張しなければならなくなった。

2019年11月、裁判所はパークス氏に対する訴訟を終了した。今後、同氏は警察を訴える予定。彼は警察官を違法な拘留と逮捕、そして市民権の侵害で非難している。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント