13:22 2021年01月17日
米国
短縮 URL
0 13
でフォローする

米ウィスコンシン州のオーロラ医療センターの職員が、モデルナ社製の新型コロナウイルスワクチン約500回分を意図的にダメにしたことが分かった。地元のテレビ局WBAYが、非営利のヘルスケア団体「アドボケート・オーロラ・ヘルス」の発表を引用して報じている。

この出来事は先週、ウィスコンシン州のグラフトンで起きた。同団体の発表によると、医療センターの職員が冷蔵庫からワクチン57パック(500回分超)を取り出した後、元に戻さなかったという。この管理不備により、500回分超の新型コロナワクチンが廃棄処分となった。

捜査の過程で、職員は故意にやったことを認めている。その職員の名前と動機は公表されていない。アドボケート・オーロラ・ヘルスによると、この職員はすでに職場にいないという。また同団体は、何百人もの人へのワクチン接種が遅れてしまったことが「より悲しいこと」だと発表している。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス, ワクチン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント