22:03 2021年01月16日
米国
短縮 URL
0 15
でフォローする

ジョー・バイデン次期米大統領は中央情報局(CIA)長官のポストに外交官のウイリアム・ベンス氏を推薦した。ベンス氏は2005年から2008年、モスクワの米大使館で駐露大使を務めた経験がある。

ベンス氏は1982年から外交官としてのキャリアをスタートし、駐ロシア大使を務めた後は米国務省で2008年から2011年、副長官を、2011年から2015年は第1副長官のポストについていた。2015年から今回のCIA長官に起用されるまでは、カーネギー財団で国際世界の部署を率いており、一貫して外交の世界にいた人物。

ベンス氏は米上院の承認を経てCIA長官に就任する。

関連記事

タグ
米国, ロシア, 露米関係
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント