01:38 2021年03月09日
米国
短縮 URL
0 10
でフォローする

米国である家族が新型コロナウイルスから嗅覚がなくなり、真夜中に火事による煙を感じることができなかった。この事件についてニュースサイト「ABC 13 News」が報じた。

まだ未成年のビアンカさんだけが家族の中で唯一コロナウイルスに感染していなかった。真夜中に彼女は煙の嫌な匂いで目が覚めたと語った。

彼女は家族全員を燃え盛る家から移動させただけでなく、4匹の犬も救出した。彼女のおかげでこの事故で誰も被害に会わずにすんだ。記者らに対し、ビアンカさんは、自分がヒーローだとは思わないし、彼女の立場だったら誰もが大切な人を助けたであろうとコメントした。

出火原因や家に火災報知機が設置されていたのかなどは明らかではない。同家族は全財産を失い、現在はボランティア団体の援助を受けている。

関連記事

タグ
新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント