04:40 2021年09月29日
米国
短縮 URL
0 27
でフォローする

FOXニュースがバイデン米大統領の声明を引用して報じたところによれば、米国防総省はアジア太平洋地域で伸長する中国に対抗する米政権の戦略の分析用作業部会を組織した。

FOXニュースの調べによれば、この作業部会はおそらくロイド・オースティン国防長官が中国を米国の国益にとって「将来、最大の脅威」となると発言した後に形成されている。作業部会は戦略のアライアンスを作り、アジア太平洋地域における中国の影響抑止のためのあらゆるツールを応用することを目的にしている。

FOXニュースが引用して報じたところによれば、バイデン大統領は米国防総省の作業部会が構築する北朝鮮抑止戦略が成果を上げるだろうと語っている。

米政権は中国の投げかける挑戦を受けて立ち、これとの競争で米国民に勝利をもたらすと確信しているが、FOXニュースは米中関係が緊張を増したのはトランプ氏が大統領に就任した際だったと指摘している。この時に両国が陥った貿易紛争は未だに解決されていない。この他、米軍も南シナ海における影響力の強化を図る中国との対立を止めようとしていない。

FOXニュースによれば、バイデン氏は戦争に終止符を打ちたいものの、これを「米国民にテロの脅威が及ばないかたちで」行いたいと発言している。この目的でバイデン政権は先週、国防総省に米軍を全世界に配置するよう通達している。

スプートニクはこれより前、米国防総省が再三にわたってバイデン大統領への忠誠を表明していたと報じている。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント