08:39 2021年04月22日
米国
短縮 URL
0 50
でフォローする

米誌「ポピュラーメカニクス」の記者が、過去40年間で「最もクールな」航空機のリストを作成した。その中にはロシア製が3機含まれている。

同誌の記者は、初飛行が行われた年ごとに航空機をランク付けしている。1998年のランキングには、山火事の消火で活躍したロシアの「Be-200」が入っている。これは水陸両用機であることから、12トンの水を燃焼地点に届けた後に湖や海に着水し、わずか14秒で次に使う水を摂取する。Be-200は乗客を運んだり、ドクターヘリとしても活躍することできる。

 

© Sputnik / Vitaliy Ankov
Be-200

 

2000年の部門には、ロシアの戦闘機の試作機「1.44」が最も興味深いプロジェクトとしてランクインした。この戦闘機はデルタ翼の他、エンジンを双発で装備している。また、ロシアの第5世代戦闘機であるSu-57が「ステルス性、スピード、最新の武器・技術を兼ね備えた」戦闘機として2010年部門に入っている。

 

 

Su-57(以前はT-50と呼ばれていた)は、あらゆる種類の空中、地上、水面の目標を破壊するように設計されている。開発者によると、Su-57は超音速での飛行を可能とする高い機動性、最新機能の搭載、低視認性などにより、競合機種に対する優位性を確立している。

 

最新鋭スホイ57戦闘機
© Sputnik / Алексей Куденко
Su-57

 

関連記事

タグ
ロシア軍, スホイ57
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント