04:28 2021年10月19日
米国
短縮 URL
0 41
でフォローする

米国のバイデン米大統領は、同国の国防予算について、トランプ前政権時から70億ドル(約7659億4800万円)減額する方針。通信社ブルームバーグが消息筋を引用して報じた。同通信社によると、バイデン氏は、米国防総省予算案を実質減額の7150億ドル(約78兆2300億円)とする方針。

ブルームバーグによると、ホワイトハウスは9日、国防総省予算案を含む2022年度予算教書の裁量的経費の概要を公表する予定。当初は先週公表される見込みだったが、国防総省予算案などに関する意見の相違などにより、先送りになったという。

ブルームバーグの消息筋2人の話では、7150億ドルの予算案は国防総省予算案の削減を求める民主党議員への妥協案として提示される可能性が高い。一部は環境イニシアチブに拠出されるという。

トランプ前政権は、国防予算に7220億ドルを割り当てた。バイデン氏の国防総省予算案は、インフレ調整後でわずか約0.4%の減額となる。ブルームバーグによると、国防総省予算には、他の関係省庁向けの防衛関連支出は含まれておらず、米国の核兵器開発を監督する米エネルギー省への支払いも入っていないという。

関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント