00:49 2021年05月17日
米国
短縮 URL
0 20
でフォローする

米国はまもなく、半世紀前の時代遅れの大陸間弾道ミサイル(ICBM)が現役であるという事態に直面する。専門家のピーター・ハッセー氏がナショナル・インタレスト誌に寄稿した。

記事でハッセー氏は、ICBMの「ミニットマンIII」の延命計画を支持する人々を強く批判し、新たな核戦略抑止力ミサイル(地上配備戦略抑止力・GBSD)の製造計画の必要性を指摘している。

同氏によると、「ミニットマンIII」にはすでに1990年代末と2000年代初頭の2回にわたり、耐用年数を2030年まで延ばす改良を行っている。

ハッセー氏は、「残念ながら、ミニットマンIIIの寿命を延ばすことはもうできない」と述べている。

同氏は、大陸間弾道ミサイルに関わるシステム全体、つまりインフラ、指揮や統制、産業基盤の改善が必要だと指摘している。

米軍の統合参謀本部副議長のジョン・ハイテン将軍は、60年前に配備されたこの古いミサイルは10年後には劣化し始めると説明している。米戦略軍のチャールズ・リチャード司令官も、このハイテン氏の考えを十分に理解している。

関連記事

タグ
軍事, 核兵器, アメリカ軍
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント