01:07 2021年05月17日
米国
短縮 URL
0 03
でフォローする

米国史上最大の金融詐欺師として禁固150年に処せられていたバーナード・マドフ服役囚(82)が4月14日、刑務所で死亡した。AP通信が消息筋からの情報として報じた。

AP通信の消息筋によれば、マドフはノースカロライナ州バトナ―市の刑務所で自然死を迎えた。

「世紀の詐欺師、バーナード・マドフは2009年6月、150年の禁固刑判決を受けた。当時、マドフは71歳。裁判でマドフは20年間にわたり、投資詐欺をはたらいた事実を認めた。米国最大の富裕者、有名人、世界最大級の銀行もマドフの被害にあった。」

判決文にはマドフは1710億ドルの返済義務があったが、連邦政府が没収できた資産は40億ドル強のみだった。およそ650億ドルを巻き上げたマドフは史上最大の詐欺師とされている。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント