18:18 2021年06月15日
米国
短縮 URL
0 02
でフォローする

航空会社のより安全な運行を目的に、米国では運行便の搭乗前に一連の乗客らの体重を測定することを予定している。新たな取り組みについてサイト「フォックス・ビジネス」が報じた。

各運行便の出立に際し、乗客や乗務員、また積荷や燃料の平均重量が算出される。米国民の肥満レベルは常に高まっており、今日、航空会社が機体の安全保障のために使用するデータがすでに役に立たなくなっている。

安全な飛行のため、航空機の出立に危険がないかを判定するために航空会社は新しい規定の導入と一連の乗客の重量測定を予定する。

しかし、旅行者に計量手続きが強制または義務とされることはなく、また、情報は秘密扱いとなる。

​また、新しい規定に則して36ヶ月ごとに乗務員や乗客、荷物の「標準的重量」が設定されることになる。報道によれば、最新のAirInsightの統計では、男性乗客の平均体重は夏季で86キロ、冬季は88キロとなる。女性に関しては、平均体重は夏季で65キロから81キロ、冬季で2~3キロ増が予想される。

関連ニュース

タグ
米国, 航空
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント