21:43 2021年06月14日
米国
短縮 URL
0 20
でフォローする

18日、米国のフロリダ警察が11歳の少女を誘拐しようとした男を逮捕した。少女は犯人の手の中から逃れただけでなく、ゼリー状のオモチャの青いスライムを犯人の肩に擦り付けた。こうして女の子は警察が犯人を認識するのを手助けしようとした。テレビチャンネルNBCが報じた。

報道では、スクールバスを待っていた女の子の近くに白い車が停車し、犯人が下りてきて彼女の方に向かってきたという。

チップ・サイモン警察官は、「女の子は抵抗し、諦めなかった」と語った。同警察官によれば、少女は正しく行動し、誘拐犯の手から逃れ、家に走り、両親に事件について知らせ、警察に通報してもらった。

監視カメラの録画により事件のあったその日のうちに誘拐犯は逮捕された。犯人はジャリッド・ポール・スタンガ(30歳)であることが判明。男は少女誘拐および再犯、暴行の容疑で訴えられた。警察は逮捕の際に犯人の腕に青いスライムの跡を発見したとコメントした。

関連ニュース

タグ
警察, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント