13:40 2021年07月24日
米国
短縮 URL
0 81
でフォローする

ホワイトハウスの元主治医で米議員のロミー・ジャクソン氏がジョー・バイデン米大統領に「知能低下」や物忘れが目立ち始めたとして、同氏に対して認知機能のテストを受けるよう呼び掛けた。フォックスニュースが報じている。

「米国民は…、彼であろうと彼女であろうと(大統領が)国の長、軍の最高司令官としての義務を遂行できるか どうかを知る必要がある」フォックスニュースがジャクソン氏の発言を報じた

ジャクソン上院議員のこのレターには共和党の13人の議員が署名を行っており、バイデン氏もトランプ前米大統領に倣い、これに類似したテストを受けるよう主張している。

レターには「遺憾ながら、過去18か月間、貴殿には知的能力の低下、物忘れがより目立つようになりました」と書かれている。

プーチン大統領はジュネーブでの露米首脳会談後、マスコミの描くバイデン像は(民衆を)多少失望させているものの、実際の人物は注意深く耳を傾け、何も聞き漏らすことはない」とコメントしている。

関連ニュース

タグ
米国, ジョー・バイデン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント