20:05 2021年08月01日
米国
短縮 URL
0 40
でフォローする

1910年に設立された米国最大の青年組織「ボーイスカウトアメリカ連盟(BSA)」は、青少年への性的暴行の損害賠償を求める訴訟が相次いでいたが、このたび合意が成立した。

性的暴行の損害賠償としては米国史上最高額となる。BSA側から6万人を超える原告に賠償金が支払われる。

これより前、BSAに対する性的暴行の訴訟件数が合計で9万件に達したことが報道された。

BSAは2020年2月、性的暴行被害者による訴訟が相次いだため破産申請を行った。同団体は、賠償金支払い用の基金を創設するため破産手続きを開始し、一方で本来の事業は継続することを明らかにした。

BSAが不祥事で注目を集めるのはこれが初めてのことではない。ハラスメントや性的強要、自動ポルノ撮影などに対し、複数の運動団体に訴えられてきた。BSAは職員や幹部らによる性的暴行のすべての被害者に対し、すでに謝罪している。

関連記事

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント