20:21 2021年08月01日
米国
短縮 URL
0 03
でフォローする

少なくとも200の米国企業が、ロシアにあるとされるハッカー集団「REvil」からランサムウェアの攻撃を受けた。米誌ワイアードが、サイバーセキュリティ企業「ハントレス」の発表を引用して報じている。

これよりも前、米国の遠隔操作ソフトウェア開発企業「カセヤ」が、ランサムウェアの攻撃を受けたと発表。米国当局は現在、この事件の調査に取り組んでいる。

ハントレスは、Revilが200社に直接影響を与えるサイバー攻撃を行ったとみている。

同誌によると、ハッカー集団は被害を受けた企業に対し、仮想通貨モネロで約4万5000ドル相当(約500万円)の身代金を要求している。

関連ニュース

タグ
ハッカー, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント