22:29 2021年07月28日
米国
短縮 URL
0 08
でフォローする

ジョー・バイデン米大統領は独立記念日(4日)の演説で、パンデミックから回復し、徐々に社会が正常化しているとする一方、新型コロナウイルスとの闘いはまだ終わっていないと述べた。

バイデン氏は4日、ホワイトハウスでの演説でこのように語った。

ウイルスとの闘いは終わったわけではないが、ウイルスはこれ以上我々の生活を左右することはなく、これ以上我が国を麻痺させることはない。我々の力で、二度とウイルスに脅かされることがないようにするのだ。

また、バイデン氏は「デルタ株」の危険性についても言及した上で、国民にワクチン接種こそが「愛国的」な行動であると接種を促した。

バイデン政権は以前、独立記念日までに成人人口7割の新型コロナワクチン接種を目指すとしていたものの、この目標を達成することはできなかった。

米国は新型コロナウイルスの感染者数が世界でもっとも多く、パンデミックの開始以来、感染者数は3370万人を超え、そのうち60万5000人以上が亡くなっている。

関連ニュース

タグ
ワクチン, 新型コロナウイルス, ジョー・バイデン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント