20:10 2021年07月24日
米国
短縮 URL
0 52
でフォローする

ドナルド・トランプ前大統領は、米テキサス州ダラスで11日に行われた保守系サークルの集会で、バイデン大統領の就任後、米軍はアフガニスタンに数十億ドル相当の武器と装備を残し、それらが過激派組織「タリバン」の手に渡ったと述べた。

トランプ氏はこのように主張した。

バイデン氏は数十億ドル相当の装備を残している。私は軍の司令官にすべての武器とすべての戦車を戻したいと言った。それなのに今タリバンは、バイデン氏が残した我々の武器で暴れている。恥さらしだ。

7月初旬、国防総省は、米軍やNATOの派遣軍がアフガニスタン領内における米空軍の主要基地だったバグラム基地を去ったと発表した。その後、多くの米国メディアは、アフガニスタン当局はこれについて事前に知らされていなかったと報じた。

国防総省のジョン・カービー報道官は記者の質問に、米軍は安全上の理由から再配置の時期をアフガニスタンの指導部に通知しなかったことを確認し、これについて「無責任だった」と答えた。

バイデン大統領は4月、アフガニスタンからすべての米軍を撤退させる予定だと発表した。

その後、タリバンの猛攻撃により、アフガニスタンの状況は悪化した。米軍は7月初旬の時点で、軍の撤退作業が90%以上が終了したと発表した。アフガニスタン当局は、タリバンが攻撃のペースを速めていると繰り返し伝えている

関連ニュース

タグ
タリバン, ジョー・バイデン, ドナルド・トランプ, アフガニスタン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント