14:15 2021年09月23日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

米ミシガン州在住のクリスティーン・デュバルさんは、新型コロナウイルスワクチン接種の懸賞で200万ドル(約2億1900万円)の賞金を受け取った。AP通信が報じている。

デュバルさんは、この賞金で一家の「夢全て」を叶えることができると語っており、賞金の一部を3人の子どもの大学の学費や家の改築に充て、一部はメンタルヘルスに寄付するという。

ミシガン州は、ワクチン接種率を高めるため、接種した人を対象に7月から懸賞をスタートした。この懸賞では、接種した人の中から毎日抽選で5万ドルが贈られる。子どもの接種者には4年間の奨学金が用意され、すでに12〜17歳の9人が奨学金を獲得した。また、同州は数週間前、接種した人を対象に賞金が100万ドル(約1億1000万円)の抽選を実施した。

州当局によると、このワクチン接種キャンペーンにより240万人の住民が抽選に、10万6000人の高校生が奨学金の抽選に応募したという。

関連ニュース

タグ
米国, 宝くじ, 新型コロナウイルス
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント