20:26 2021年09月20日
米国
短縮 URL
0 22
でフォローする

米軍は、演習SINKEXの一環で、退役した米海軍のオリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲート「イングラハム」を攻撃した。米海軍のYouTubeチャンネルでその動画が公開された。

The Driveによると、今月15日、退役した「イングラハム」に複数のミサイルが撃ち込まれ、その後、マーク48魚雷が発射された。この攻撃の結果、「イングラハム」は二つに折れて沈没した。

オリバー・ハザード・ペリー級ミサイルフリゲートは1970年代から建造され、この艦型は今もトルコ、オーストラリア、エジプト、ポーランドなどの複数の国の海軍で運用されている。「イングラハム」は同艦型の最終艦で、2015年に米海軍を退役した。

演習Sink Exercise (SINKEX)で、さまざまな兵器システムの試験が行われ、そこには通常、標的艦への魚雷攻撃またはミサイル攻撃が含まれる。米海軍は、軍人が最新兵器を使用する訓練を行うためにこの演習を実施している。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント