15:06 2021年09月23日
米国
短縮 URL
0 32
でフォローする

米カリフォルニア州仮釈放審査委員会は27日、故ジョン・F・ケネディ元米大統領の実弟ロバート・ケネディ上院議員を暗殺したサーハン・サーハン受刑者(77)の仮釈放を認めた。米ワシントン・ポスト紙が報じた。

委員会は、サーハンが社会にとって脅威ではないと結論づけたという

サーハンの釈放に関する最終決定は、委員会全員によって90日以内に行われ、その後、サーハンはギャビン・ニューサム州知事の元へ送検される。州知事は30日以内に、委員会の評決を承認または却下する。

ヨルダン国籍を持つサーハン・サーハンは、1968年6月5日、米大統領選挙の民主党予備選で勝利した直後のケネディ上院議員を射殺した。サーハンは、イスラエルを支援し戦闘機を提供したケネディ氏に対する報復としてこれを行ったという。

サーハンは当初、死刑を宣告されたが、1972年にカリフォルニア州最高裁が死刑を廃止したため終身刑となった。

1975年以来、サーハンは繰り返し仮釈放を申請したが、一貫して棄却されてきた。

関連ニュース

タグ
米国, 暗殺
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント