03:01 2021年09月26日
米国
短縮 URL
0 31
でフォローする

1968年、米大統領選挙でリードしていたロバート・ケネディ氏が、パレスチナ人のサーハン・サーハンに暗殺された。服役しているサーハン受刑者は、16回目の仮釈放申請でついに仮釈放の可能性を得た。BBCが報じた。

BBCによると、犯行当時サーハン受刑者は24歳だった。犯行の主な動機は、ケネディ氏のイスラエルへの支持だったとみられている。

​当初は死刑が言い渡されたが、その後、終身刑に軽減された。

仮釈放委員会は、サーハン受刑者は社会への脅威ではなくなったと判断した。仮釈放に関する最終決定は、州知事が判断する。

ロバート・ケネディ氏の2人の子どもがサーハン受刑者の恩赦を求めた後、仮釈放の可能性があらわれた。

関連ニュース

タグ
米国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント