03:18 2021年09月26日
米国
短縮 URL
0 41
でフォローする

Fox Newsが行った世論調査によると、米国市民の約3分の2が、2001年9月11日の同時多発テロが国の生活を永遠に変えたとみなしている。

調査の結果によると、米国人の64%がこの意見を支持した。一方、回答者の24%は、20年前の悲劇的な出来事は一時的に日常生活に影響を与えただけだとみなしている。残りの9%にとっては、生活に大きな変化は見られなかったという。

また、調査によると、米国人の意見は9月11日を国民の祝日とするべきかどうかで分かれた。調査対象者の47%が「はい」、46%が「いいえ」と回答した。

世論調査は8月7日から10日にかけて電話で実施され、1002人が参加した。

ホワイトハウスの発表によると、ジョー・バイデン大統領とジル夫人は、2001年9月11日に発生した同時多発テロから20年となる11日に、ニューヨーク市、ペンシルベニア州シャンクスビル、バージニア州アーリントンの国防総省の3ヶ所すべてを訪問し、犠牲者を追悼する予定。

関連ニュース

タグ
米国, テロ事件, テロ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント