01:10 2021年09月26日
米国
短縮 URL
0 13
でフォローする

団結が米国人たらしめていることを忘れてはならない。ジョー・バイデン大統領は2001年9月11日の同時多発テロから20年になるのを前に、ツイッターのビデオメッセージでこのように述べた。

ビデオメッセージでバイデン大統領は、「2001年9月11日から20年が経ち、私たちは犠牲となった2977人に思いをはせ、自身の命を危険にさらし、命を捧げた人々に敬意を示す。その(同時多発テロ)後の日々で見られたように、団結は私たちの最大の強みだ。団結が我々たらしめているのであり、そのことを忘れてはならない」と語った。

​さらにバイデン氏は、米国に危害を加えようとする者は追い詰められ、罰せられるということを米国人は示したと指摘した。

​関連ニュース

タグ
ジョー・バイデン, 米国, 大統領, テロ
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント