15:24 2018年11月16日

73歳のロシアの年金生活者が夢を実現させた。長年の夢とは自宅にプラネタリウムを作り、こどもたちに天文学を学んでもらうことだった。

手製のプラネタリウムを作ってしまったのはヴィクトル・マチューシンさん。太陽系と惑星の模型製作には手持ちの材料で鍋とボール、電球を使った。現在、マチューシンさんのもとには毎日数十人の子どもがエクスカーションにやってくる。エクスカーションは無料。

マチューシンさんはプラネタリウムにあきたらず、本物の天体望遠鏡も作ってしまった。これを使って時間帯にわけて毎晩、星空観察を行っている。

タグ
動画, 宇宙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る