20:55 2018年07月17日

今年3月、プーチン大統領は毎年恒例の年次教書演説で、新型兵器6種類を紹介した。演説によると、これら兵器は世界に類を見ない。

スプートニク日本

兵器の発表はロシア国内外で多くの反響を呼んだ。ジョン・ハイトン米戦略司令官は、米国にはこれら兵器に対する効果的な防御手段がないと指摘。また、すでに緊張が高まっている国際情勢を悪化させるとして、ロシアの攻撃的な軍事力強化が非難された。

ロシア側は反論し、新型兵器の開発が強いられた措置であり、米国が何度も乱そうとした核均衡を回復させることが目的だと主張した。

ロシア政府は論拠として、北大西洋条約機構(NATO)がロシア国境に近づくよう東方に拡大しないという約束が破られていること、そして米ミサイル防衛(MD)システムを韓国や日本といったアジアや東欧に配備する計画を挙げた。プーチン大統領が述べるところ、これらは全てロシアの国防力を弱体化させ、核均衡を乱すものである。

「これがアジア太平洋地域のパワーバランスに影響する懸念がある」とロシアのショイグ国防相はコメント。ロシア大統領府も一度ならず、ロシアは軍拡競争を引き起こしておらず、米国とNATOの行動こそが、彼らのMDシステムへのぜい弱性がないであろう兵器開発をロシアに強いたと発表している。

タグ
軍事, 武器・兵器, ロシア軍, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 水着の代わりにレジ袋―自然を愛する旅行者が海洋汚染を告発
    アップデート: 2018年07月16日 23:13
    2018年07月16日 23:13

    水着の代わりにレジ袋―自然を愛する旅行者が海洋汚染を告発

    世界中を旅するアリソン・ティールさんは、プラスチック製品による海洋汚染の実態を世論に訴えようと取り組んでいる。そのため、ティールさんは、海に漂う使い捨てレジ袋とペットボトルをまとい、オニイトマキエイとの遊泳を行った。

  • ロシア最後の皇帝の死から100年
    アップデート: 2018年07月16日 14:13
    2018年07月16日 14:13

    ロシア最後の皇帝の死から100年【動画】

    今から100年前の1918年7月17日未明、エカテリンブルクでロシアの皇帝ニコライ2世とその妻、そして4人の娘オリガ、タチアナ、マリヤ、アナスタシアと皇太子アレクセイが銃殺された。皇帝一家と一緒に侍医のエヴゲーニー・ボトキン、近侍アレクセイ・トルップ、女中アンナ・デミドワ、料理人イワン・ハリトノフも銃殺された。

  • 西日本を未曽有宇の自然災害が襲った
    アップデート: 2018年07月09日 21:37
    2018年07月09日 21:37

    西日本を未曾有の自然災害が襲った

    西日本の集中豪雨で発生した大洪水と土砂崩れは未曾有の数の人命を奪った。死者の数は109人に達し、今もなお70人以上の安否がわからない。今回の集中豪雨は勢力の弱まった台風に梅雨前線が合わさってしまったために発生し、大災害が呼び起こされてしまった。

    西日本集中豪雨
  • 下水道幹線に落下後、約3カ月そこで生存の子犬を救出
    アップデート: 2018年07月05日 22:53
    2018年07月05日 22:53

    下水道幹線に落下後、約3カ月そこで生存の子犬を救出

    ノボシビルスクの地下施設研究者らが、3カ月間を下水道の幹線で過ごした子犬を、幹線から引っ張り出した。子犬の救出活動を、この研究者らが動画に撮影した。