01:22 2018年08月19日

NPO Clean Futures Fundが1986年に大事故のあったチェルノブイリで仔犬を捕獲している。これらの仔犬は健康チェックとワクチン接種を受けた後、アメリカの新しい飼い主のもとに送られる。最初の一団が7月1日にニューヨークへ旅立った。

スプートニク日本

NPO Clean Futures Fundの設立者のひとりであるLucas Hixson氏は4年前にチェルノブイリを訪れ、この地にいる膨大な数の野犬にショックを受けた。30キロメートル圏を調査したところ、およそ1000頭の犬が見つかった。そこで彼は、ペアを組んでいたパートナーとともに、野犬の増加を抑制する3年間のプログラムを企画することに決め、最初の2年間で650頭の犬を助けることができた。

1年に1回、ボランティアが4週間の予定でチェルノブイリを訪れる。彼らには獣医師のグループが同行し、できるだけ多くの犬を助けるべく力を尽くしている。チェルノブイリを訪れたチームは、仔犬を捕獲し、健康チェックを行い、体表の放射線レベルを計測し、仔犬を洗って治療を施し、ワクチン接種を行う。

チェルノブイリに住む犬たちは、まともな食餌や水にありつけない上に、極寒の冬に暖かい場所で暖を取ることもできない。それにもかかわらず、多くの犬は健康で、新しい家族と暮らすことができる状態にある。Clean Futures Fundの課題は、犬たちに良好な環境で生活できる可能性を提供することだ。

ウェブサイトにはそれぞれの仔犬のストーリーが掲載されており、アメリカの飼い主候補はこのサイトで情報を得ることができるようになっている。

タグ
動画, 動物, チェルノブイリ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る