22:12 2019年04月26日

エジプト南部ルクソールで、最近発見された石棺2つが開封された。石棺には、保存状態のよい男性と女性のミイラが入っていた。学者たちは、第18王朝のものと考えている。

スプートニク日本

1つの石棺には、翻訳すると「その後ろの風」という意味の名前を持っていた男性のミイラが入っており、もう一つの石棺には、アモンの神殿に仕えていた女性のミイラが入っていた。

霊廟では、埋葬用マスク5枚と、エジプト人が死後の世界で主人の代わりに働くと信じていた1000体以上の儀式用の像も見つかった。霊廟の壁や天井には、古代エジプトのファラオたちが描かれている。

関連ニュース

黒い石棺から発見のミイラ、誰のものか学者らが説明

タグ
考古学, 動画, 発見, 文化, エジプト
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 仲邑菫初段 日本最年少の囲碁棋士
    アップデート: 2019年04月23日 20:31
    2019年04月23日 20:31

    仲邑菫初段 日本最年少の囲碁棋士

    日本における囲碁の史上最年少プロ棋士となった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)のデビュー戦が22日、大阪で行われ、仲邑初段が大森らん初段(16)と対戦した。

  • 「イルカ監獄」からの動物の解放に関する合意に署名
    アップデート: 2019年04月10日 19:31
    2019年04月10日 19:31

    「イルカ監獄」からの動物の解放に関する合意に署名

    ロシア・沿海地方のスレドニャヤ湾にシャチややベルーガ(シロイルカ)が閉じ込められている所謂「イルカ監獄」の問題で、フランスの海洋学者ジャン=ミッシェル・クストー氏と沿海地方のコジェミャコ知事は、「イルカ監獄」から動物を解放する合意に署名した。8日、沿海地方で発表された。

  • 研究者垂涎のインド洋の無人島
    アップデート: 2019年04月06日 19:43
    2019年04月06日 19:43

    研究者垂涎のインド洋の無人島

    インド洋に浮かぶアストーヴ島は群島諸国セーシェルに帰属するが、他の島からおよそ1千キロ離れた無人島だ。この島の独特の生態系が研究者の関心を引いた。

  • 世界最大の石仏が再び公開される
    アップデート: 2019年04月02日 20:47
    2019年04月02日 20:47

    世界最大の石仏が再び公開される

    中国の楽山市にある世界最大・最長の石仏が、6カ月の修復工事を終え、再び公開された。