03:58 2018年12月17日

エジプト南部ルクソールで、最近発見された石棺2つが開封された。石棺には、保存状態のよい男性と女性のミイラが入っていた。学者たちは、第18王朝のものと考えている。

スプートニク日本

1つの石棺には、翻訳すると「その後ろの風」という意味の名前を持っていた男性のミイラが入っており、もう一つの石棺には、アモンの神殿に仕えていた女性のミイラが入っていた。

霊廟では、埋葬用マスク5枚と、エジプト人が死後の世界で主人の代わりに働くと信じていた1000体以上の儀式用の像も見つかった。霊廟の壁や天井には、古代エジプトのファラオたちが描かれている。

関連ニュース

黒い石棺から発見のミイラ、誰のものか学者らが説明

タグ
考古学, 動画, 発見, 文化, エジプト
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る