09:05 2019年01月23日

ゴキブリが「働いている」中国の飼育場は章丘区にあり、ここでは食品廃棄物の処理が行われている。10億匹を超えるゴキブリが毎日、およそ50トンの廃棄物を噛み砕いている。食品廃棄物の処理は既に、中国にとって切迫した問題となっている。

スプートニク日本

飼育場の所有者の話では、この新たな廃棄物リサイクルシステムは、生態系に影響を与えないことから、環境にとって無害だという。このシステムによって、人間が介入しない処理が可能になっており、さらに食物連鎖の自然な法則を守ることもできる。

飼育場のゴキブリは、その体から分泌される酵素を用い、粉末状にされた生ゴミの毒素を消化することによって、これらの廃棄物を食べることができ、その後には鉄や亜鉛といった無害な物質しか残さない。それだけではなく、死んだゴキブリは後に粉末状にされ、この粉末もまた、家畜用飼料や医薬品として利用することができる。

この新たな廃棄物除去法は、飼育場からゴキブリが「脱走」するのではないかと多くの人々が恐れているため、一定の批判を呼び起こした。そのような事態が起きないようにするため、ゴキブリが建物の領域の外に脱出するのを妨害する特殊なシステムが開発された。

タグ
動画, 動物, 中国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 生い茂る雑草と廃屋納屋にこんなお宝! フランスで約80台の名車がオークション出展
    アップデート: 2019年01月21日 22:10
    2019年01月21日 22:10

    生い茂る雑草と廃屋納屋にこんなお宝! フランスで約80台の名車がオークション出展

    フランスのタルブ市で開催されたオークションに、一風変わった品物が出展された。20日、これまで放置されていた81台の貴重な自動車が出展された。車はすべてあるコレクターの廃屋納屋に置かれていたもの。これが初めて公に展示された。

  • 銀河ステーション? はたまたホテル? クリミア半島に変わったホテルがオープン
    アップデート: 2019年01月18日 19:10
    2019年01月18日 19:10

    銀河ステーション? はたまたホテル? クリミア半島に変わったホテルがオープン

    クリミア半島のアルシタ市に変わったホテルがオープンした。ここでは訪問者は宇宙の世界にひたることができる。建物の中にはホテルのほかにミュージアムと娯楽センターがある。

  • 古代洞窟のレストラン ガラスの床もテーブル越しに崖を鑑賞
    アップデート: 2019年01月15日 22:57
    2019年01月15日 22:57

    古代洞窟のレストラン ガラスの床もテーブル越しに崖を鑑賞

    このレストランにはつるんとした現代的なインテリアはない。数百万年も前からここにある岩や崖が装飾の代わりをしている。レストラン開店を思い付いたのはこの洞窟を見つけた地球物理学者。目論見はこの場所により多くの人の関心をひきつけるため。

  • 落ち葉をどうしよう?アートに変えよう!
    アップデート: 2019年01月07日 18:30
    2019年01月07日 18:30

    落ち葉をどうしよう?アートに変えよう!

    中国人女性レイ・ティン(Lei Ting)さんは落ち葉とデザインナイフで切り絵を作る。ある時散歩していたティンさんは虫に食われた落ち葉を見つけた。変わった模様にインスピレーションを得た彼女は虫と「競い合」おうとした。今では落ち葉を用いて伝統的な中国の模様を切り抜いている。さらに落ち葉を使ったコミックスも作り上げようとしている。