23:15 2019年05月22日

このレストランにはつるんとした現代的なインテリアはない。数百万年も前からここにある岩や崖が装飾の代わりをしている。レストラン開店を思い付いたのはこの洞窟を見つけた地球物理学者。目論見はこの場所により多くの人の関心をひきつけるため。

スプートニク日本

地球物理学者のジョージ・ハッダジンさんはヨルダンで地下の洞窟を発見。これを最大限活用したいと考えた。ハッタジンさんは最初、ここに博物館を建てようと思ったが、それでは多くの人は呼べないだろうと考えなおした。そんなハッタジンさんの頭にレストラン開店のアイデアが浮かんだ。食べ物を味わうためなら人はやってくる。その際に同時にこの場所に暮らした古代文明人の生活を語り伝えようと思いついた。

レストラン「ムラフ・サラメフ」では床もテーブルもガラス製。これはお客さんが古代洞窟の美しさを十分に堪能できるようにとの配慮から。

タグ
動画, 観光, ヨルダン
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 赤の広場で 戦勝記念軍事パレード 
    アップデート: 2019年05月09日 23:37
    2019年05月09日 23:37

    赤の広場で 戦勝記念軍事パレード

    プーチン大統領は軍人と退役軍人の前で演説を行い、第2次世界大戦の英雄を追悼することは神聖な義務だと述べた。 

  • 仲邑菫初段 日本最年少の囲碁棋士
    アップデート: 2019年04月23日 20:31
    2019年04月23日 20:31

    仲邑菫初段 日本最年少の囲碁棋士

    日本における囲碁の史上最年少プロ棋士となった仲邑菫(なかむら・すみれ)初段(10)のデビュー戦が22日、大阪で行われ、仲邑初段が大森らん初段(16)と対戦した。

  • 「イルカ監獄」からの動物の解放に関する合意に署名
    アップデート: 2019年04月10日 19:31
    2019年04月10日 19:31

    「イルカ監獄」からの動物の解放に関する合意に署名

    ロシア・沿海地方のスレドニャヤ湾にシャチややベルーガ(シロイルカ)が閉じ込められている所謂「イルカ監獄」の問題で、フランスの海洋学者ジャン=ミッシェル・クストー氏と沿海地方のコジェミャコ知事は、「イルカ監獄」から動物を解放する合意に署名した。8日、沿海地方で発表された。

  • 研究者垂涎のインド洋の無人島
    アップデート: 2019年04月06日 19:43
    2019年04月06日 19:43

    研究者垂涎のインド洋の無人島

    インド洋に浮かぶアストーヴ島は群島諸国セーシェルに帰属するが、他の島からおよそ1千キロ離れた無人島だ。この島の独特の生態系が研究者の関心を引いた。