10:49 2021年05月06日

このレストランにはつるんとした現代的なインテリアはない。数百万年も前からここにある岩や崖が装飾の代わりをしている。レストラン開店を思い付いたのはこの洞窟を見つけた地球物理学者。目論見はこの場所により多くの人の関心をひきつけるため。

スプートニク日本

地球物理学者のジョージ・ハッダジンさんはヨルダンで地下の洞窟を発見。これを最大限活用したいと考えた。ハッタジンさんは最初、ここに博物館を建てようと思ったが、それでは多くの人は呼べないだろうと考えなおした。そんなハッタジンさんの頭にレストラン開店のアイデアが浮かんだ。食べ物を味わうためなら人はやってくる。その際に同時にこの場所に暮らした古代文明人の生活を語り伝えようと思いついた。

レストラン「ムラフ・サラメフ」では床もテーブルもガラス製。これはお客さんが古代洞窟の美しさを十分に堪能できるようにとの配慮から。

タグ
動画, 観光, ヨルダン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • アップデート: 2021年04月30日 22:20
    2021年04月30日 22:20

    今週のニュース 4月24日―4月30日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • アップデート: 2021年04月29日 14:35
    2021年04月29日 14:35

    無人でも温かい歓迎を 日本のIT企業が等身大「アニメAIアシスタント」を開発

    バーチャルロボットの製作を手がける日本のITベンチャー企業「Gatebox」は、等身大の3Dキャラクターを映し出すことのできる装置「Gatebox Grande」を開発し、東京都内で発表会を行った。

  • アップデート: 2021年04月26日 18:01
    2021年04月26日 18:01

    原発事故から35年 汚染の残る町、プリピャチの今

    ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で人類史上最悪の原発事故が起きてから、今日で35年を迎えた。原発から約4キロ離れたプリピャチ市は当時、原発で働く労働者やその家族が暮らす町だったが、事故発生後、ほぼ無人の街となった。この町は現在も立ち入り禁止区域に指定されており、事故の影響が残っている。

  • 今週のニュース 4月10日―4月16日
    アップデート: 2021年04月16日 20:13
    2021年04月16日 20:13

    今週のニュース 4月10日―4月16日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。