22:50 2021年05月06日
© Sputnik

日本の公立はこだて未来大学と慶応義塾大学、メディアアーティストの徳田雄嵩氏、英国のユニバーシティ・カレッジ・ロンドンによる研究チームが共同で開発した「デジタルカメン e2-MaskZ」は、着用者のさまざまな表情をリアルタイムで検出し、ディスプレイに映ったアバターが再現してくれるという近未来的なマスクだ。

「デジタルカメン」の裏には光反射型センサーが取り付けられており、顔肌とセンサーの距離を測って表情を読み取る。マスクはフルフェイス型で顔全体が隠れてしまうが、かわりにディスプレイに表示されたアバターが本人の表情を周りに伝えてくれる。

公立はこだて未来大学の竹川佳成准教授はこのプロジェクトについて、日本の学生のアニメやゲームなどの自分の好きなキャラクターなってみたいという願望から発想を得たと語っている。

また竹川准教授によれば、デジタルカメンは、現在のコロナ禍におけるマスク着用時のコミュニケーションを円滑にするための一つの手段であるという。例として、面接時のリラックスした空間づくりや小児患者の治療時における不安緩和を挙げている。

タグ
ロボット, 科学, 日本, 動画
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • アップデート: 2021年04月30日 22:20
    2021年04月30日 22:20

    今週のニュース 4月24日―4月30日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • アップデート: 2021年04月29日 14:35
    2021年04月29日 14:35

    無人でも温かい歓迎を 日本のIT企業が等身大「アニメAIアシスタント」を開発

    バーチャルロボットの製作を手がける日本のITベンチャー企業「Gatebox」は、等身大の3Dキャラクターを映し出すことのできる装置「Gatebox Grande」を開発し、東京都内で発表会を行った。

  • アップデート: 2021年04月26日 18:01
    2021年04月26日 18:01

    原発事故から35年 汚染の残る町、プリピャチの今

    ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で人類史上最悪の原発事故が起きてから、今日で35年を迎えた。原発から約4キロ離れたプリピャチ市は当時、原発で働く労働者やその家族が暮らす町だったが、事故発生後、ほぼ無人の街となった。この町は現在も立ち入り禁止区域に指定されており、事故の影響が残っている。

  • 今週のニュース 4月10日―4月16日
    アップデート: 2021年04月16日 20:13
    2021年04月16日 20:13

    今週のニュース 4月10日―4月16日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。