18:21 2021年05月17日
© Sputnik

バーチャルロボットの製作を手がける日本のITベンチャー企業「Gatebox」は、等身大の3Dキャラクターを映し出すことのできる装置「Gatebox Grande」を開発し、東京都内で発表会を行った。

この装置は元々は家庭用として持ち運び可能なサイズで販売されていたが、人気を博したために企業用に大型のAIアシスタントが開発されたという。

「Gatebox」が開発したキャラクターは高さ約2メートルの4Kディスプレイに映し出される。また、搭載されたセンサーで人を感知し対話することもでき、実際に目の前で接客されるような体験ができるようになっている。

同社代表取締役の武地実さんは「新型コロナウイルスの影響で人が接する機会が無くなったり、無人店舗などの技術が向上し接客する機会が減っていく中で、この装置で温かみのある接客やコミュニケーションを提供することを目指して開発した」と語っている。

タグ
アニメ, 動画, 日本
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • 今週のニュース 5月8日―5月14日
    アップデート: 2021年05月14日 23:16
    2021年05月14日 23:16

    今週のニュース 5月8日―5月14日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • アップデート: 2021年05月13日 20:38
    2021年05月13日 20:38

    コロナ禍でも美しい 富士芝桜まつりが開催

    富士山の麓、山梨県富士河口湖町にある富士本栖湖リゾートで、毎年恒例の「富士芝桜まつり」が開催された。コロナ禍が続く今年も多くの観光客が訪れ、美しく咲くシバザクラを写真に収める姿が見られた。

  • アップデート: 2021年04月30日 22:20
    2021年04月30日 22:20

    今週のニュース 4月24日―4月30日

    今週報じられた主なニュースを、スプートニクが動画で振り返ります。

  • アップデート: 2021年04月26日 18:01
    2021年04月26日 18:01

    原発事故から35年 汚染の残る町、プリピャチの今

    ウクライナにあるチェルノブイリ原子力発電所で人類史上最悪の原発事故が起きてから、今日で35年を迎えた。原発から約4キロ離れたプリピャチ市は当時、原発で働く労働者やその家族が暮らす町だったが、事故発生後、ほぼ無人の街となった。この町は現在も立ち入り禁止区域に指定されており、事故の影響が残っている。