20:51 2017年08月17日
東京+ 27°C
モスクワ+ 23°C
    ビデオクラブ

    2035年の米国:オバマ氏とケリー氏は年金生活、米大統領にスノーデン氏

    ビデオクラブ
    短縮 URL
    0 783230

    RTは、創立10周年を記念して、2035年の米国を描いた動画を発表した。

    この動画では、年金生活者となったバラク・オバマ現大統領とジョン・ケリー現国務長官が、過ぎ去った過去について話をし、現在ロシアに亡命中のエドワード・スノーデン元米中央情報局職員が、米大統領となっている。
    年老いたオバマ氏とケリー氏は、郊外にあるオバマ氏のカントリーハウスで会い、ケリー氏は、新しく入れた歯を自慢し、オバマ氏に、米国が「誰にも相手にされていない」こと以外、世界に目新しいことは何もないと報告している。
    また動画では、2035年にスノーデン氏が米大統領に就任し、「米国家安全保障局と米中央情報局の開放性の時代」が始まることを宣言した、とされている。

    タグ
    ジョン・ケリー, バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    ビデオをもっと見る