00:24 2018年07月20日
ビデオクラブ

ウラルで氷の張った湖に穴をあけて水の中でチェスの大会!

ビデオクラブ
短縮 URL
121

ロシア・ウラル連邦管区のスヴェルドロフスク州で来年1月、氷の張った湖に穴をあけた水の中で、初めてチェスの大会が開かれる。

このアイデアは突然生まれた。スヴェルドロフスクのチェスプレイヤーたちは、冬に氷の張った湖などに穴をあけて、そこで泳ぎ、体を鍛えるだけでは面白くないと考え、寒さの我慢比べとチェスの試合を一緒に行うことにした。
伝えられたところによると、氷に穴をあけて水の中に入ったまま行うチェスの試合時間は、平均10分になる見込み。
参加者は、次のように語っている‐
「これはスピードの勝負となる。次の一手をわずか数秒で決断しなければならない。約10人がトレーニングを開始した。練習はシャルタシ湖で毎週土曜日に、天候に関係なく、強い寒波の中でも行われている。チェスの試合中には、夢中になって水の中にいるのを忘れてしまう。そのため、冷たい水の中にはるかに長くいることができる」。

 

 

タグ
ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る