23:34 2018年12月13日
ビデオクラブ

生物学者 ゴキブリ退治が難しい理由を説明

ビデオクラブ
短縮 URL
0 10

生物学者たちは、ゴキブリを退治するのが難しい理由を説明した。

退治しようとしてもゴキブリがなかなか死なないのは、生まれ持った外骨格に秘密があるのだという。ゴキブリの外骨格は簡単に曲がり、加圧に耐えることができるため、叩いてもなかなか退治することができないという。
生物学者たちはワモンゴキブリで実験を行い、外骨格ロボットをつかってゴキブリの生命力を示した。

関連:

トルコ大統領:ゴキブリが原因で6億1500万ドルの官邸を新たに建設
恐れを知らぬ中国人 体に63万7000匹の蜂を止まらせる
触手の攻撃!好奇心旺盛なタコがダイバーを襲う
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る

  • やっちゃった… お料理を取り落としたお相手は事もあろうにスウェーデン科学アカデミー会長
    アップデート: 2018年12月13日 20:04
    2018年12月13日 20:04

    やっちゃった… お料理を取り落としたお相手は事もあろうにスウェーデン科学アカデミー会長

    12月10日、ストックホルムでノーベル賞の授賞式が行われた。受賞者のそろったにぎにぎしい晩餐会で大爆笑な出来事が起きてしまった。参列者にお食事を配るウェイターが突然頭にかゆみを覚えて掻いたとたん、お盆に載っていた食べ物が転がり落ちてしまった。こともあろうにスウェーデン科学アカデミー会長のお背中に…。

  • 豪州のおばあちゃん 102歳で世界最高齢スカイダイビング記録を樹立
    アップデート: 2018年12月12日 09:35
    2018年12月12日 09:35

    豪州のおばあちゃん 102歳で世界最高齢スカイダイビング記録を樹立

    オーストラリア在住の101歳のイレン・オシアさんは世界最高齢のスカイダイバーの記録を樹立した。このスカイダイビングはイレンさんにとっては人生で3度目。ところがイレンさんはこれで止めるつもりはない。

  • 牙をむく恐怖のサメ 赤ちゃんの時はどんな姿でしょう?
    アップデート: 2018年12月11日 14:30
    2018年12月11日 14:30

    牙をむく恐怖のサメ 赤ちゃんの時はどんな姿でしょう?

    海洋生物を研究する学者らが深海潜水機「ディープ・ディスカヴァラー」を水深300メートルの深さに沈め、撮影を行った。カメラに収められたのは多種多彩なサンゴ、海綿動物、魚12種類。中でも一番興味をひいた発見物は半透明の繭に入ったサメの胎児だった。

  • バスケ選手、新記録樹立のため高さ260メートルの展望台からジャンプ
    アップデート: 2018年12月08日 11:17
    2018年12月08日 11:17

    バスケ選手、新記録樹立のため高さ260メートルの展望台からジャンプ

    バスケットボールのハマー・ハリソン選手が12月初め、世界一高いスラムダンクをファンに披露した。スラムダンクとは、バスケットボールにおけるシュートの1種で、選手がジャンプしながら、ボールをバスケットの中に上から下へ投げ込むもの。だが、自らのファンを驚かせるため、ハマー選手は高さ260メートルの展望台に上り、そこからジャンプを行った。