15:55 2018年08月15日
ビデオクラブ

1533年の視覚的錯覚を貴方に

ビデオクラブ
短縮 URL
0 40

ハンス・ホルバイン・ジュニアの作品「大使たち」には、豪勢に着飾った二人の男性が描かれているが、鑑賞者は、彼らの間の足元に、何かよくわからない「しみのような」ものが描きこまれているのに気づく。しかしそれを横に回って見ると、あらあら不思議、華やかな絵の世界は消え失せ、驚くべきものが見えてくる。

ホルバインは、自分の絵の中で視覚上の錯覚の実験をしている。毎日変わらない日常生活に浸りきり、この世の存在の悲劇に目を向けたくない人間が「正面から」この絵を見るとき、死というものは注意を向ける価値のない「しみのようなもの」だが、「特別の(おそらくは正しく深い)観点から見れば、死は唯一の現実に変わる。目に映る慣れ親しんだ生活は歪み、単なる錯覚と化し、意味を失ってしまうのである。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント

ビデオをもっと見る