04:33 2017年09月22日
東京+ 21°C
モスクワ+ 11°C
    ビデオクラブ

    日本 人間に準じた運動能力を持つロボット開発

    ビデオクラブ
    短縮 URL
    146330

    東京のお台場にある日本科学未来館に、新しい展示物―自主的に動き、人間の動作を真似る能力を持つオルタという名前のアンドロイドがお目見えした。このロボットを開発したのは、大阪大学の石黒浩教授と東京大学の池上高志教授で、オルタは8月6日まで展示される。

    オルタは、ロボット開発の「グル」と言われる石黒教授のジェミノイド(モデルに酷似した外見を持つアンドロイド)を思い起こさせるが、それに比べ技術面で、はるかに複雑な機械人形である。アンドロイドは、ニューラルネットワークを基盤に作動し、そのため自主的に動くことが可能だ。手や頭を動かすために、42もの空気圧式アクチュエータが使われている。なおその管理は、中央の調整活動ジェネレーターに委ねられている。

    タグ
    ロボット, 日本
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    ビデオをもっと見る